デバイスマナビ

デバイスマナビは、デバイスの使い方や商品情報、実機レビュー、キャンペーン情報などAmazonデバイスに関する情報を紹介するサイトです。

「家にWi-Fiなし」でもKindle使える?4つの方法を紹介します

「Kindle」WiFiなし方法タイトル

「Kindle Wi-Fi」という情報を見て「うちはWi-Fiないから使えない」とガックリしている皆さん。諦めるのはまだ早いです!

電子書籍リーダー「Kindle(Paperwhite、Oasis)」は常にWi-Fi接続していないと使えないというわけじゃありません。また、WiFiがなくても使えるモデルも販売されています。

今回は「家にWi-Fiがない(もしくはネット環境がない)という方が電子書籍リーダー『Kindle』を使う方法」を紹介したいと思います。

KindleでWi-Fi(ネット通信)が必要な操作とは

「Kindle」を使う際にどのようなタイミングでWi-Fi通信が必要になるのでしょうか?主な操作としては以下の2点が挙げられます。

・Kinldeストアでの電子書籍の購入

・購入したKindle本(or Amazon読み放題サービスで借りた本)のダウンロード

書籍の購入はスマホやパソコンからも行えます(そちらの方がKindleより使いやすい)が、本のダウンロード(DL)は他で代用することが出来ません。

同じ本でも各端末ごとに1度ダウンロードする必要があり、Kindle端末で読むにはその端末でダウンロードを済ませなければなりません。

方法1 「WiFi+無料4G/3Gモデル」のKindleを購入する

kindlePaperwhite4G回線

実はWi-Fiが繋がっていない場所でも、Kindle本の購入や本のダウンロードが可能なKindle端末が2つあります。それがこちら。

・「Kindle Paperwhite 32GBモデル(Wi-Fi+無料4G)」

・「Kindle Oasis 32GBモデル(Wi-Fi+無料4G)」

この2つのモデルには「無料4G回線(旧Oasisは3G)」が付いています。無料4G(3G)が付いている端末は、Wi-Fi環境下になくてもKindle本の購入や本のダウンロードが可能です。どれだけダウンロードしても料金は無料。月額費用の支払いや契約も不要です。

注意 漫画や雑誌がダウンロードできないなどデメリットもあり

無料4G/3G通信では漫画や雑誌といったファイルサイズの大きい作品がダウンロード出来ない(Wi-Fiモードに切替ればOK)など、「Wi-Fi+無料4G/3Gモデル」にはいくつかデメリットがありますのでご注意ください。

4G/3G通信の検証実験や「Wi-Fi+無料4G/3G」のデメリットなど、「Wi-Fi+4G/3Gモデル」のより詳しい情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

方法2 無料Wi-Fiスポットを利用する

無料WiFiスポット

Kindle本(Kindleストアに売ってる電子書籍)の購入はスマホやパソコンで代用できるので、あとWi-Fiが必要になるのは「本のダウンロード」のみです。

ダウンロードにはそれほど時間がかからないので、街の中にある「無料Wi-Fiスポット」を活用してみてはいかがでしょうか?これなら「無料4G/3Gモデル」を買わずに、安価な「Wi-Fiモデル」で済ますことが出来ます。

最近はコンビニや駅など色んな場所に無料の公衆Wi-Fiスポットがあります。本のダウンロードなら先ほどのダウンロードスピード調査から考えて遅くても1分以内に終わるので、コンビニなど長く滞在しない場所でも活用出来ます。

方法3 スマホのデザリング機能を使う

Kindleデザリング

スマホにはデザリングという機能が存在します。

デザリングとは?

Wi-Fi対応の端末をネット接続するために、スマートフォンをアクセスポイント(親機)として使う機能のこと。

デザリング機能を使えば、パソコンやゲーム機の端末をスマートフォンを経由してネットに繋げることが出来ます。スマホがWi-Fiルーター代わりになると考えればOKです。

デザリングは「Kindle」でも使える

このデザリング機能はもちろん「Kindle」でも使えます。この機能を使えば自宅でネットやWi-Fiが繋がっていないくても、「Kindle」をWi-Fi通信させることが可能です。

方法4 モバイルWi-Fiルーター(ポケットWiFi)を契約する

ポケットWiFiルーター

コストパフォーマンス的には現実的ではありませんが、モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)を契約する方法もあります。

モバイルWi-Fiルーターとは

パソコンなどWi-Fi対応端末をインターネットに接続するための小型機器のこと。

この機器を携帯するだけで、パソコンやスマホといった端末がWiFi通信でネットに繋げることが出来ます。

「UQ WiMAX」なら月4000円弱でネット使い放題

f:id:dragon_post:20190222110339j:plain

(出典:「UQ WiMAX」https://www.uqwimax.jp/

ポケットWiFiで最も有名なのは、「UQ WiMAX」でしょう。

「UQ WiMAX」なら月4000円程度の月額料金で、ネットが使い放題になります。「Kindle」だけでなく、パソコン、ゲーム機など様々なWiFi対応端末を使いたい方には便利だと思います。携帯性に優れる小型端末なので、自宅だけでなく様々な場所でインターネットが利用できる点もメリットだといえます。

自分の利用傾向に合わせて最適な方法を選択しよう

どの方法がベストかは、その人の利用傾向によって変わります。小説が読みたい方は「4G/3Gモデル」がベストですし、漫画を読みたい方には「4G/3Gモデル」をオススメできません。

利便性は悪いですが、最も料金的にお得なのは「無料WiFiスポットを使う方法」といったように、それぞれの方法にメリットとデメリットが存在します。4つの方法の特徴をよく見比べながら自分の利用傾向に合った方法を選択しましょう。

レビュー記事を見る

関連記事

「Kindle」使用レビュー記事

「Kindle」2019年モデル使用レビュー!徹底比較してみた

「Kindle Paperwhite(防水対応)」使用レビュー記事

「Kindle Paperwhite(防水対応)」使用レビュー!使ってみた感想と評価

「Kindle Oasis」使用レビュー記事

「KindleOasis 第10世代(2019)」使用レビュー!【徹底検証してみた】

商品ページへ移動する