デバイスマナビ

デバイスマナビは、デバイスの使い方や商品情報、実機レビュー、キャンペーン情報などAmazonデバイスに関する情報を紹介するサイトです。

【メリット】Fireタブレットを愛用する8つの理由

f:id:dragon_post:20190621114807j:plain

カスタマーレビューの平均評価が星4以上(「Fire HD 10」)を記録するなど、ユーザーから高い評価受けているAmazonの「Fireタブレット(Fire7、Fire HD 8、Fire HD 10)」。

高コストパフォーマンスと言われるタブレットですが、Fireタブレットにはどんなメリットがあるのでしょうか?

全ラインナップを所有し、愛用する筆者が「Fireタブレット」を使う理由(メリット)についてお話したいと思います。

2019年6月21日更新)

理由1 価格が圧倒的に安いから

安い。とにかく安いです。

Fireタブレットは、タブレット端末としては圧倒的な安さを誇ります。

ではどのくらい安いのでしょうか?

他社の人気タブレットを参考に価格比較をしてみました。

人気タブレットの端末価格比較

7インチタブレット 端末価格 容量
FireHD7 8GB 5980円 16GB
Lenovo TAB 7 1万1280円 16GB
MediaPad T3 7 1万円 16GB
LAVIE Tab E TE507 1万6008円 16GB

※ 「価格.com」の価格を参考

 

8インチタブレット 端末価格 容量
FireHD8 16GB 8980円 16GB
iPad mini 4万4800円 64GB
MediaPad T3 1万5498円 16GB
LAVIE Tab E TE508 1万6741円 16GB

※ 「価格.com」の価格を参考

 

10インチタブレット 端末価格 容量
FireHD10 32GB 1万5980円 32GB
iPad Air 64GB 5万4423円 64GB
MediaPad T5 1万7439円 16GB
LAVIE Tab E TE410 2万4300円 16GB

※「価格.com」の価格を参考

どのラインナップもFireタブレットが最安

どの画面サイズのタブレットもFireタブレットが最も安いです。

7インチ、8インチサイズのFireタブレットに関しては、Androidタブレットよりも4割以上安い値段で買うことが出来ます。

iPadと比較すると、3万5000円以上も安いです。

理由2 動画専用端末として使い勝手が良いから

f:id:dragon_post:20190620155417j:plain

スマホだと画面が小さいし、目にも悪いからタブレットでドラマや映画を見たい!

そんな方におすすめなのが「Fireタブレット」です。

Fireタブレットは動画専用端末として、非常にコスパの高い端末です。

Amazonプライムビデオはもちろん、NETFLIX、Hulu、DAZNといった主要の動画サービスに公式で対応しています。

WiFi環境にもよりますが、画質も申し分ありませんし、途中で動画が止まることもありません。

公式アプリではありませんが、YouTubeも普通に見れます。しかも動画の最初や途中で広告が流れることもありません。

理由3 Kindle本もすぐに読めるから

f:id:dragon_post:20181022154846j:plain

雑誌やKindle本を読む時にもFireタブレットを重宝しています。

ホーム画面から右にスライドして「本」ページに移動するだけで、すぐにKindle本やAmazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」で借りた本を読むことが出来ます。

もちろんKindleストアへのアクセスも簡単。

「本」ページの右上にある「ストア」ボタンを押すだけでOK。

Kindle本の購入だけでなく、「Kindle Unlimited」やプライム会員限定の読み放題サービス「Prime Reading」の対象本も簡単にダウンロードすることが出来ます。

理由4 「プライムミュージック」や「Amazon Music Unlimited」の音楽がすぐに聴けるから

f:id:dragon_post:20181022154947j:plain

Fireタブレットなら、Amazonのミュージックストアへのアクセスも簡単。わざわざお店に行くことなく、お気に入りの音楽作品がすぐにゲット出来ます。

「マイミュージック」を選択すれば、購入済みの作品はもちろんのこと、プライム会員限定の聴き放題サービス「Prime Music」、約4000万曲以上が聴き放題の「Amazon Unlimited Music(月額780円)」の音楽がすぐに楽しめます(サービスの利用には別途契約が必要)。

「アーティスト」や「アルバム」といったカテゴリにまとめられているので、聴きたい楽曲がすぐに見つかります。もちろんストアへアクセスして、アルバムや楽曲の購入、ダウンロードも可能です。

音楽サービスはAmazonミュージックだけなく、「Spotify」も使えます。ただし、「AppleMusic」や「Google Play for Music」といったサービスは利用できませんのでご注意ください。

※ 「プライムミュージック」や「Amazon Music Unlimited」の利用には別途契約が必要です。

理由5 Amazonの買い物がしやすいから

f:id:dragon_post:20181022180209j:plain

Fireタブレットなら、Amazonでの買い物も楽ちんです。

ストアページには「過去に購入した商品」「閲覧履歴に基づくおすすめ商品」が表示されるので、欲しい商品や定期的に購入する商品がすぐに注文出来ます。

いちいち「購入済の商品」をストアページで探す必要がないので、時間短縮になります。

ページの右上にはAmazonへのリンクボタン(「ストア」ボタン)があり、トップページへのアクセスも非常に簡単です。

ページ上部には検索窓があり、欲しい商品がアマゾンにあるか簡単に調べられます。「価格の安い順」などの並べ替えや配送オプションといった絞り込み検索機能もあるので、商品を探すのに時間をかけずに済みます。

理由6 画面付きスマートスピーカーに変身するから(Fire7、FireHD10限定)

f:id:dragon_post:20190621183442j:plain

「Fire7」と「Fire HD 10」には音声サービス「アレクサ機能(Alexa)」が搭載されています(「Fire 7」はShowモード非対応)。

つまり、Fireタブレットは画面付きスマートスピーカーに変身してしまうのです。

天気予報やニュース、予定の確認、家電のオンオフといった事がタブレットに話しかけるだけで、操作することが出来ます。

音声操作で動画を再生することや音楽を流すことだって出来ちゃいます。

いちいち画面を触らなくて良いんです。

音声操作だけでレシピ動画の再生や停止もコントロールできるので、料理中に食材を触った手で画面を触らなくても大丈夫。画面が汚れずに済みます。

理由7 Amazonユーザー(特にプライム会員)が使いやすい端末だから

f:id:dragon_post:20181022154515j:plain

Amazonのサービスが誰でも簡単に、すぐに使えるのがこの端末の特徴です。

Fireタブレットにはホーム画面の他に、「アプリ」や「本」「ビデオ」などカテゴリごとのメインページがあります。

各メインページにはユーザーに合ったオススメの「ビデオ作品」や「プレイリスト」、「Amazonの商品」が表示されます。

メインページへの移動は左右にスワイプするだけでOK。

「プライムビデオ」や「プライムミュージック」をすぐに利用出来るので、プライム会員には特にオススメしたいアイテムです。

理由8 安心の保証プランがあるから

保証システムも充実しています。

「Fire7」「Fire HD 8」は90日間、「Fire HD 10」は1年間の限定保証が端末を購入すると一緒に付いてきます。こちらは自然故障のみの保証です。

それだけじゃ心配という方のために、「延長保証、事故保証オプション」が用意されています。

こちらのオプションは端末の不具合や自然故障だけでなく、「落下による画面のひび割れ」や「水濡れによる故障」もカバーしているので、何かと安心です。

「延長保証、事故保証オプション」の価格一覧

  1年間 2年間 3年間
Fire 7 1780円 2380円
Fire HD 8 1980円 2580円
Fire HD 10 2390円 2980円 3780円

自分の使用目的に適した端末なのか購入前によく考えよう

f:id:dragon_post:20190621114020j:plain

ここまでメリットについてお話してきた通り、筆者にとってFireタブレットは使い勝手が良く、コストパフォーマンスに優れた端末として評価しています。

しかし、良いことばかりではありません。もちろんデメリットもあります。

はっきり言って、「Fireタブレット」は誰にとっても使える万能タブレットではありません。人によっては全く使えない端末だと評価する人もいます。

買って後悔しないためにも、まずはFireタブレットで出来ることを把握して、自分の使用目的に適している端末なのかしっかりと確認しましょう。