デバイスマナビ

デバイスマナビは、デバイスの使い方や商品情報、実機レビュー、キャンペーン情報などAmazonデバイスに関する情報を紹介するサイトです。

【解説】Fireタブレットで「出来ること/出来ないこと」徹底解説します

f:id:dragon_post:20181103200555j:plain

2021年5月に新型の「Fire HD 10」が発売され、ますます注目度が上昇しているAmazonのタブレット端末「Fireタブレット」。コストパフォーマンスに優れていると評価されるFireタブレットは、いったい何が出来るのでしょうか?

またAndroidタブレットやiPadとは何が違うのでしょうか?Fireタブレットの特徴を解説します。

Fireタブレットで「出来ること」「出来ないこと」

出来ること

Fireタブレットでは以下の機能が利用できます。

出来ること
・動画視聴(プライムビデオ、Netflix、Hulu、YoutubeDAZNなど
電子書籍(KindleストアやKindle本の利用)
・ゲーム
SNSTwitterFacebookInstagramなど
・アマゾンでの買いもの
・音楽(PrimeMusic、Spotifyなど)
・ネット検索
・文章やテキストファイルの閲覧、編集
・メール
・写真撮影(Amazon Photosでの閲覧、管理)
・カレンダー
・タイマー

AndroidタブレットやiPadで出来ることと基本的に変わりません。ネット検索もできますし、YouTubeやネットフリックス、TwitterといったSNSや動画見放題のアプリも利用可能です。もちろんメールや電卓、目覚まし時計など、おなじみの便利ツールも入っています。

「Fire7」なら6000円以下の低価格で、これだけ多くの機能が使えます。このコストパフォーマンスの高さは、Fireタブレットの大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

出来ないこと

Fireタブレットで出来ないことは以下の通りです。

出来ないこと
・一部の人気アプリが使えない(ツムツム、LINE、Googleマップなど)
・カメラのフラッシュ撮影
・ネットの音声検索
電子マネー決済
Wi-Fi環境のない場所でのデータ通信
・懐中電灯機能
ワンセグ機能
・風呂での使用

 

基本的な機能は他のタブレットと同じですが、「カメラのフラッシュ撮影」や「おサイフケータイ機能を使った決済」が出来ません。また、Fireタブレットは「Wi-Fi専用モデル」なので、Wi-Fi環境のない場所ではネット閲覧や動画のストリーミング再生ができません(ダウンロードした音楽や動画は楽しめる)。

そして、最も大きなポイントとして挙げられるのが、「ポケモンGo」や「LINE」といった人気アプリが使えないことです。

Fireタブレットで「使えるアプリ / 使えないアプリ」

利用出来るアプリ

TwitterやYouTube、NETFLIXなど、色んなアプリが楽しめるということですが、他にはどんなアプリが使えるのでしょうか?Fireタブレットで使える人気アプリをご紹介します。

利用できる主なアプリ

  利用出来る主なアプリ
動画 プライムビデオ、Netflix、Hulu
YoutubeDAZNGYAO!
Abema TV、TSUTAYA TV、U-NEXT
Twich、RedBull TV、ニコニコ動画プレイヤー(非公式)
コミュニケーション TwitterFacebookInstagram
SkypeViberTikTok
ゲーム 白猫プロジェクトドラゴンクエストぷよぷよクエスト
モンスト、ファイナルファンタジープロ野球スピリッツA
アスファルト8、マインクラフト、荒野行動
ミニオンラッシュ、パズドラリバーシ
音楽 プライムミュージック、Amazon Music Unlimited、Spotify
Shazam
その他 radikoYahoo!日経新聞電子版
Adobe PDFリーダー、Silkブラウザ、乗換案内
NHKネットラジオEvernoteDropboxKindle


※ 定額制の音楽、動画サービスを利用するには、それぞれのサービスに加入し、月額料金を支払う必要があります。この他にもビジネス、学習、ショッピング、ライフスタイル、エンターテインメントなど様々なジャンルのアプリが数多く揃っています。

利用できないアプリ

コスパに優れた「Fireタブレット」ですが、弱点もあります。それはAndroidタブレットやiPadと異なり、使えるアプリと使えないアプリが存在することです。

「Fireタブレット」は「FireOS」という独自のOSを採用しており、アプリは「Amazonアプリストア」からダウンロードすることになります。

Amazonアプリストアの品ぞろえは「Google Playストア」や「App Store」に劣っていて、LINEやポケモンGoといった人気アプリがありません。この点はデメリットとして挙げられます。

 

利用出来ない主なアプリ

  使えない主なアプリ
動画 dTV、Paravi、FODアプリ
TVer
コミュニケーション LINE、カカオトーク
ゲーム ディズニーツムツムポケモンGo太鼓の達人
PUBG、Fate/Grand orderグラブルファンタジー
パワプロ、LINEポコポコ、
バンドリ、キングスレイド、歌マクロス
音楽 Google play MusicApple Music、AWA
LINE Music、dヒッツ
その他 メルカリ、スマートニュース、dポイントクラブ
LINEカメラ、Clipbox、SNOW
WEAR、GoogleマップUNIQLO

 

「Google Playストア」や「App Store」は使えるの?

公式上では使えません。非公式ではGooglePlayストアを導入する方法があるようですが、あくまでの非公式なので導入するかどうかは自己責任で行いましょう。

LINEとかGooglePlayストアで利用できるアプリが、FIreタブレットの公式アプリストアに早く導入されることを願うばかりです。

Fireタブレットのホーム画面レイアウト

f:id:dragon_post:20181022154515j:plain

Fireタブレットにはホーム画面の他に、「アプリ」や「本」「ビデオ」などカテゴリごとのメインページがあります。ホーム画面から左右にスワイプするだけで移動出来るので、ライブラリに保存している本や動画作品へすぐに辿り着けて便利です。

アプリ

f:id:dragon_post:20181022180236j:plain

「アプリ」ページでは、右上にある「ライブラリ」を選択することで、ダウンロード済みのアプリ(マイアプリ)をすぐに確認することが出来ます。その隣にある「ストア」ボタンからアプリストアへ直接アクセスする事も可能です。

また、「アプリ」ページには、「トップセールスアプリ」や「購入履歴から基づく推奨アプリ」などが表示されていて、ストアでいちいち検索せずにダウンロード出来るのでとても便利です。

f:id:dragon_post:20181022154846j:plain

「アプリ」ページと同じように「ライブラリ」から、購入済みの本が読めます。「ストア」ボタンから「Kindleストア」へアクセスし、Kindle本を購入することも可能です。

「カテゴリごとのおすすめ書籍」や「ベストセラー本」が表示されていて、そこから気になるタイトルを選択すれば、ストアページを経由せずに商品ページへ飛べます。

何より嬉しいのは、定額制読み放題サービス「Kindle Unlimited」が使えることです。キンドルアンリミテッドは1度に借りれるタイトル数が10冊までと決まっていて、それ以上借りたい場合は、10冊の中から本を削除しなければいけません。「Fireタブレット」なら本のダウンロードだけでなく、借りた本の削除も可能。これまでに借りた作品の一覧も見れるので、とても便利です。

Fireタブレットなら、「KindleUnlimited」対応書籍を探すのも楽チンです。検索ワードから対応書籍だけを絞って探せますし、カテゴリごとに探すことも出来ます。

 

ビデオ

f:id:dragon_post:20181022154918j:plain

「ビデオ」ページでは、Amazonビデオに関する作品が並んでいます。視聴中の作品以外にも、「プライムビデオ対象の人気作品」や「閲覧履歴に基づくおすすめ作品」などが表示されるので、気になる作品がすぐに見つかるレイアウトになっています。

オフライン時(Wi-Fiが接続されていない状態)はダウンロード済の作品一覧が表示され、保存した作品をすぐに見ることが出来ます。

ストアページへのアクセスも右上の「ストア」ボタンを押すだけでOKなので、簡単です。

FireタブレットではAmazonビデオ以外にも、NETFLIX、YouTube、Huluといった動画サービスが利用できます(NETFLIXやHuluなどの定額制サービスは契約者のみ視聴可能)。プライム会員ならプライムビデオが見放題。プライムビデオやNETFLIXなどのサービスはオフライン再生にも対応しているので、一度作品をダウンロードすればいつでもどこでも映画やドラマ、アニメが楽しめます。

※ 定額制サービスは別途契約する必要あり

ゲーム

f:id:dragon_post:20181022180348j:plain

「ゲームページ」も他のカテゴリ同様に、「おすすめゲーム」や「人気ゲーム」が並び、ストアを経由せずに購入orダウンロードページへ移動できます。

ライブラリやストアへのアクセスもゲームページから行えます。

音楽

f:id:dragon_post:20181022154947j:plain

Fireタブレットなら、Amazonのミュージックストアへのアクセスも簡単です。わざわざお店に行くことなく、お気に入りの音楽作品がすぐにゲット出来ます。

プライム会員なら「PrimeMusic」が聴き放題。約4000万曲が月額780円から楽しめる「AmazonUnlimitedMusic」もFireHD8で楽しめます(サービスの利用には別途契約が必要)。

「マイミュージック」を選択すれば、購入済みの作品や「Prime Music」、「Amazon Unlimited Music」でダウンロードした楽曲やアルバムが楽しめます。「アーティスト」や「アルバム」といったカテゴリにまとめられているので、聴きたい楽曲がすぐに見つかります。もちろんストアへアクセスして、アルバムや楽曲の購入、ダウンロードも可能です。

音楽サービスはAmazonミュージックだけなく、「Spotify」も使えます。ただし、AppleMusicやGooglePlayforMusicといったサービスは利用できませんのでご注意ください。

アマゾンストア

f:id:dragon_post:20181022180209j:plain

Fireタブレットはアマゾンストアが利用しやすいレイアウトになっていて、ホーム画面から右に4回スライドするだけで「ストア」というページが出現します。

ストアページには「過去にチェックした商品」「閲覧履歴に基づくおすすめ商品」「ジャンルごとのベストセラー商品」などが表示されて、すぐに商品ページへアクセスできます。ページの一番下にはAmazonへのリンクボタンがあり、トップページへのアクセス方法もわかりやすいです。

ページ上部には検索窓があり、欲しい商品がアマゾンにあるか簡単に調べられます。「価格の安い順」などの並べ替えや配送オプションといった絞り込み検索機能もあるので、商品を探すのに時間をかけずに済みます。

Fireタブレットの便利機能

Fireタブレットには様々な便利機能があります。いくつかご紹介します。

機能制限

SNSや音楽、動画といったコンテンツへのアクセス制限、アマゾンストアでの商品の購入、タブレットの利用時間などが制限出来るので、お子さんが利用しても安全です。

もちろんタブレットを利用する際のロック機能も付いています。詳しくは「機能制限」解説記事をご覧ください。

ブルーライトカット機能

スマホやタブレットはブルーライトという光を放ち、目や身体に大きな負担をかけるといわれています。Fireタブレットにはブルーライトを抑える機能が入っています。

国語辞典機能

電子書籍「Kindle本」を読んでる時、無料の国語辞典機能が使えます。意味の分からない言葉をチェックするだけで、言葉の意味が表示されるのでとても便利です。Wikipediaも同時に表示してくれます。

おやすみモード

おやすみモードを使うと、設定した時間に通知音が鳴らないようにできます。時間や曜日などの細かな設定も可能です。

Fireタブレットの使用レビュー記事一覧

商品ページはこちら